三塁への偽投禁止に ベンチ外キャッチボール禁止は見送り

[ 2014年1月11日 05:30 ]

 プロ、アマ合同の日本野球規則委員会は、公認野球規則の一部改正を発表し、ボークと疑われることと遅延行為を防止するため、投手の三塁への偽投(投手板を踏んだままけん制のふりをする動作)を禁止することになった。

 これまで投手に規定されていたグラブの色の制限に加え、全守備位置の選手に対し、ボールとの区別が付きにくい明るい色のグラブの使用を禁止する規則が加わった。また、試合中にベンチ外で行うキャッチボールなどの準備運動の禁止を見送ることも確認された。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月11日のニュース