谷繁 自身2安打よりブランコの痛打に「みんな優しいんだよ」

[ 2013年4月22日 06:00 ]

<D・中>4回1死満塁、中日の捕手・谷繁(左)がスクイズでホームを突いた三塁走者・松本(中央)をブロックしタッチアウト

セ・リーグ 中日3-4DeNA

(4月21日 横浜)
 ベテランの意地の2安打も勝利を呼べなかった。2000安打まであと11本としていた中日・谷繁が2回の第1打席で右前打。

 2―3の8回2死三塁では一時同点となる中前適時打を放ち、大台まで9本としたが「打つ方はいいよ。勝たないと意味がない」と吐き捨てるように話した。リード通りに内角を攻めきれず、ブランコに痛打されている投手陣に「みんな優しいんだよ」と痛烈な皮肉を口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年4月22日のニュース