星野監督 両助っ人大爆発も「メード・イン・ジャパンがな…」

[ 2013年4月22日 06:00 ]

<ロ・楽>2回無死一塁、左中間へ2ランを放った楽天・マギー(右)はジョーンズらと喜び合う

パ・リーグ 楽天5-9ロッテ

(4月21日 QVC)
 楽天は来日初のMJアベック弾も空砲に終わった。

 2回にマギーが左中間へ逆転の2号2ラン。4回にはジョーンズが左翼へ約140メートルの特大4号ソロ、さらにマギーはこの日2本目となるバックスクリーン直撃の3号ソロと2者連続弾を運んだが、投手陣が9失点。今季初の同一カード3連敗だ。星野監督は「AJ(ジョーンズ)とマギー絡みでしか点が取れない。メード・イン・ジャパンがな…」とため息。マギーは「自分たちがコントロールできる小さなことから変えよう」とチームを鼓舞した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年4月22日のニュース