東浜 2軍降格 また6失点KO、自らダメ出し「甘い」

[ 2013年4月19日 06:00 ]

<楽・ソ>2回1死三塁、西田に中前タイムリーを浴びるソフトバンクの東浜

パ・リーグ ソフトバンク2-9楽天

(4月18日 Kスタ宮城)
 試合後、プロ初黒星を喫したソフトバンク・東浜がバスに乗り込もうとした瞬間、1軍マネジャーに呼び止められ、監督室へ戻された。2軍降格の通告。プロ初登板初先発だった11日のオリックス戦(ヤフオクドーム)が4回途中6失点。そしてこの日も5回6失点では「戦力」にはなれなかった。

 「自分で自分の足を引っ張ってしまった。取られるべくして取られた。(変化球が)曲がり切れていないし、甘い」。初回、先頭の聖沢に二塁打を浴びると、続く藤田のバント処理で一塁へ悪送球。わずか9球で先制点を許した。2回も立ち直れず、ジョーンズの本塁打を含む5安打で5点を失った。

 今回はブルペンでの投球練習を登板前日から2日前に変更。オープン戦から続けていた調整方法を変えて臨んだ一戦だったが、チームの連勝を4で止めてしまったドラフト1位右腕。秋山監督も「(球を)操れていないというか、まだまだだな」と手厳しかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年4月19日のニュース