大隣 代表入りへの活力は自宅通勤&愛妻手料理

[ 2012年11月26日 06:00 ]

長崎県営野球場で行われた野球教室。キャッチボールの指導をするソフトバンク・大隣

 ソフトバンク・大隣が長崎市内で野球教室を行い、今オフは自宅通勤で自主トレに取り組む意向を明かした。理由は侍ジャパン入りに向けて、体調を整えるため。16日のキューバ戦(ヤフードーム)は2回完全の好投を見せ、「WBCはモチベーションです」と目標だ。

 今季は優子夫人の栄養管理のもと、自己最多12勝をマークした。例年は母校・近大などで練習するが、福岡市内の自宅近くで汗を流し「(WBCを)シーズンにつなげ、今季以上の成績を出したい」と意気込む。球団左腕では96年のダイエー・工藤以来の200イニングも目標に挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月26日のニュース