宮国 菅野を絶賛「“やばい”と思ってました」

[ 2012年11月26日 06:00 ]

手を振り声援に応える巨人・宮国(右)

日本シリーズ優勝パレード

 プロ初勝利を含む6勝をマークした巨人の2年目・宮国は、ドラフト1位・菅野(東海大)との共闘を誓った。プロでは先輩になるが「実力はあちらの方が上。追いつけるように頑張りたい」と謙遜。

 昨年8月31日の東海大との交流試合(ジャイアンツ球場)では、ネット裏でチャートをつけながら菅野の投球を観察し「調子が悪いという話でしたが、威圧感があってスライダーも鋭かった。調子が良くなったら“やばい”と思ってました」。この日はパレード後、都内で藤村とトークショー。一日中、ファンに囲まれ「(自分の)名前を覚えてもらえてうれしかったです」と幸せな時間を過ごした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月26日のニュース