“外れ外れ1位”松葉 2桁勝利で見返す「頑張りで補いたい」

[ 2012年11月26日 06:00 ]

ファンの前で活躍を誓うオリックスの(手前右から)原、森本、戸田、西川と(後列右から)伏見、松葉、森脇監督、村山球団本部長、佐藤、武田

 藤浪も松永も、覚悟!オリックスのドラフト1位・松葉貴大投手(22=大体大)が25日、「打倒藤浪」を高らかに掲げた。この日はファン感謝祭イベント「Bs Fan―Festa2012」で入団会見。集まった約1万5000人の前で「1年目から2桁勝利を狙う」と誓った。

 「藤浪投手と松永投手と投げ合って勝ちたい。現時点で(藤浪選手に)劣っているかもしれませんが、プロに入ってからの頑張りで補いたい」 今秋ドラフトで球団は藤浪(大阪桐蔭)を1位指名。4球団競合のクジを外し、阪神にさらわれた。外れ1位で指名した松永(大阪ガス)はロッテと指名が重複、再びクジを外した。“外れ外れ1位”だが、プロの世界では2人に投げ勝ってみせる。

 松葉が大体大の1年時、当時、関西国際大の松永対策として打撃投手を務めてから台頭した経緯がある。そして、そのままエースに上りつめ、運命のドラフトを迎えていた。オリックスの開幕戦の相手はそのロッテ。交流戦の初戦の相手は、その阪神。「勝ちたい。それくらいのつもりでやりたい」。意地と反骨心が、2人の壁を突き破る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月26日のニュース