巨人 38万人日本一パレード 阿部「身震いした 何度やってもいい」

[ 2012年11月25日 11:38 ]

バスの上から沿道のファンに手を振る阿部

 3年ぶりの日本一に輝いた巨人が25日、東京・銀座で優勝パレードを行った。

 原監督、主将の阿部を先頭にオープンカー仕立ての2階建てバス3台に分乗し、東京・日本橋の三越本店前から銀座8丁目までの約2・3キロを約30分かけて走った。

 原監督は晴天の下でパレードができたことに「みんなにお祝いしてもらっている感じ」と笑顔。沿道のジャイアンツファンの声援に応えて手を振ると「道のりは長かったけど、お互いにありがとうと言い合っているようで、いいですね」と来季もパレードができるよう、優勝を誓っていた。

 3度目の優勝パレードとなる阿部も「身震いした。何度やってもいいもの」と、早朝から沿道で待っていたファンを目にして感慨無量そうだった。球団発表によると、約38万人がパレードを見るために集まった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月25日のニュース