マー君ら「88年会」 正月5日に仙台で初イベント

[ 2012年11月25日 06:00 ]

<楽天ファン感謝祭>足湯につかりながらファンと交流を深める田中

 楽天・田中将大投手(24)らが中心となって来年に正式発足する「88年会」が、1月5日に仙台市内のスポーツ施設で初のイベントを行うことが24日、分かった。

 知名度抜群の世代が復興支援に動く。同会は田中、巨人・坂本、広島・前田健の3人が連名で発起人。これに06年夏の甲子園決勝で延長再試合の伝説的対決を繰り広げた日本ハム・斎藤も加わり、仙台に集結する。同イベントは「子どもたちに笑顔を」をテーマに、東北の400人の少年少女と野球を通じて触れ合う予定だ。

 この日、田中はKスタ宮城で行われた「ファン感謝祭」に参加。東北6県の6チームに分かれて行われたリレーではチーム福島のアンカーで快走し、2位に入った。東北を本拠地とするチームのエースとして復興支援への思いは強く、事あるごとに「震災を風化させたくない」と話している。

 来年3月のWBCでは日本代表入りが確実なエースは1万8113人が集まったファン感謝祭を終え「寒い中でもたくさん来ていただいてうれしい。来年は期待に応える成績を残したいです」と気合を入れ直していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月25日のニュース