斎藤佑に最後通告 栗山監督「俺の手から離れてしまう」

[ 2012年11月25日 06:00 ]

パレード中に笑顔を見せる斎藤

 開幕投手に抜てきしながら5勝8敗に終わった日本ハム・斎藤に、栗山監督が最後通告した。

 右肩違和感を抱えている右腕に対し「早く治さないとトレーニングも遅くなる。やりたい練習ができないと勝負にならない」と厳しい言葉を投げかけた。

 今秋ドラフトでは即戦力の大学、社会人4投手を獲得。来季の先発枠は約束できない状況だけに、指揮官は「キャンプまでに勝負できる状態にならないと、俺の手から離れてしまう」と奮起を促した。早大4年秋以来となる優勝パレードを経験した斎藤も「やらなければいけないという気持ちになる」と危機感を募らせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月25日のニュース