高橋由 6年ぶりの規定打席到達が来季最低ノルマ

[ 2012年11月25日 06:00 ]

 巨人・高橋由が千葉県内で行われた「第5回・高橋由伸杯争奪・少年野球大会」の決勝戦を観戦し、来季の最低ノルマとして07年以来6年ぶりの規定打席到達を掲げた。

 「(試合に)出ることで近づく数字。結果的にそうなるのはいい」と今季わずか4打席届かなかったライン超えに意欲を燃やす。今年は09年に腰の手術を行って以来、最多の130試合に出場。患部を強化する地道なトレーニングの成果もあって「不安もあるけど、できるところまで来た」と、近年にない状態の良さを感じた1年だった。

 打率.239については「もっと頑張らないといけない」としたが、8月17日の広島戦(東京ドーム)では史上37人目の300号本塁打を記録するなど勝負強い打撃は健在。高橋由は完全復活を目指し、16年目のシーズンに向かう。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月25日のニュース