日本ハム 10万人Vパレード 快晴ときどき紙吹雪

[ 2012年11月25日 06:00 ]

オープンカーからファンに手を振る栗山監督

 3年ぶりのリーグ制覇を達成した日本ハムの優勝パレードが24日、札幌駅前からススキノまでの約1.3キロで行われた。栗山監督らコーチ、選手たちはオープンカー、バスに分乗して約1時間をかけ、沿道を埋めた10万160人のファンに手を振った。

 札幌地方は快晴。指揮官が夢に見た「雪ときどき紙吹雪」とはならなかったが、「監督になって最初で最後かも。心の底から喜ばせてもらった」と喜んだ。また、09年はU―26NPB選抜として大学日本代表との試合に出場したため不参加だった中田も「凄かった…」と色とりどりの紙吹雪に感激だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月25日のニュース