中村GM「育成」指名“ボイコット”「賛成できない」

[ 2012年10月8日 06:00 ]

 阪神・中村GMが25日のドラフト会議で育成選手を指名しない方針を明かした。「(育成制度は)賛成できないし、中途半端な制度だと思う。僕がこういう立場にいる限り、ドラフトで育成選手を獲るつもりはない」。

 07年から5年間で10人の育成選手を指名したが、支配下登録に至ったのは08年の野原祐と09年の田上のみ。「若者に短期間で夢を与えてひょっとしたら…、という世界じゃない。指名する方にも責任がある」と70人枠の中で競争させる方針を示した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年10月8日のニュース