星野監督 接戦での弱さを指摘「まだまだ何かが足りない」

[ 2012年10月8日 20:14 ]

パ・リーグ 楽天6-0ロッテ

(10月8日 QVC)
 楽天の星野監督は勝率5割で今シーズンを終えたことに「5割はわれわれのモチベーション。借金をよく取り返したと思うけど、まだまだ何かが足りない」と話し、反省も忘れなかった。

 特に指摘したのは接戦での弱さ。1点が遠くて敗れた試合は何度もあった。「もっと欲を出していきたい。そのために地獄の秋キャンプで心身ともに鍛えていきたい」とチームのさらなる底上げを誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年10月8日のニュース