代打の代打的中で逆転勝ち ナショナルズ鮮やか先勝

[ 2012年10月8日 09:34 ]

ナ・リーグ地区シリーズ第1戦 ナショナルズ3―2カージナルス

(10月7日 セントルイス)
 ナショナルズが鮮やかな逆転劇で先勝した。1点を追う8回、相手ミスに単打、犠打で1死二、三塁のチャンスを築く。2死後になったが、代打の代打・ムーアが右前へ2点適時打を放ち試合をひっくり返した。相手投手が左腕に代わって起用された殊勲のルーキーは「(打った瞬間は)チームメートがはしゃいでいて、最高の気分だったよ」と胸を張った。

 ジョンソン監督は「(左腕に)代わったらムーアを出そうと決めていた。素晴らしい仕事をした」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月8日のニュース