長男突然死のニシェク 涙の快投「息子のために戦った」

[ 2012年10月8日 06:00 ]

<タイガース・アスレチックス>亡くなった長男の頭文字「GJN」が右袖に縫いつけられたユニホームで力投するアスレチックス・ニシェク

ア・リーグ地区シリーズ第1戦 アスレチックス1―3タイガース

(10月6日 デトロイト)
 アスレチックスの横手右腕ニシェクが、1―3の7回1死一、二塁から登板。2/3回を無失点の好投に敵地のファンからも拍手が送られた。実は2日に第1子ゲーリッグ・ジョンくんが誕生。ステファニー夫人の出産に立ち会うため、3日の地区優勝の瞬間に居合わせることは逃したが、二重の喜びで再合流するはずだった。

 しかし長男は生後23時間で突然死。ア軍はこの日長男の頭文字「GJN」の黒いパッチをユニホームに縫い付けて戦い、ニシェクは「息子のために戦った。喜んでくれると思う」と涙ぐんだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月8日のニュース