ジャイアンツ 絶対エースで初戦黒星「いつも以上に重い」

[ 2012年10月8日 06:00 ]

<ジャイアンツ・レッズ>3回、フィリップスに先制2ランを浴びるジャイアンツ・ケーン(左)

ナ・リーグ地区シリーズ第1戦 ジャイアンツ2―5レッズ

(10月6日 サンフランシスコ)
 ジャイアンツは絶対エースで初戦を落とした。先発は6月に完全試合を達成し、10年のポストシーズンでは3試合ともに自責0だった右腕ケーン。

 だが初回は3者凡退も、3回にフィリップスに先制2ランを浴びると、続く4回にもブルースにソロ本塁打を許して5回5安打3失点で降板した。75球での交代に「こういう重要な試合では、失投はいつも以上に重くのしかかる。他の選手が頑張ってくれたのに自分がミスをした」と悔しがった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年10月8日のニュース