お疲れさま!19年目・福地&17年目・宮出が引退セレモニー

[ 2012年10月8日 06:00 ]

<ヤ・広>試合後、ヤクルトの宮出(左)と福地は花束を手にスタンドに向かって手を振る

セ・リーグ ヤクルト0-1広島

(10月7日 神宮)
 今季限りで現役を引退するヤクルトの19年目の福地と17年目の宮出が、試合後のセレモニーで花束を贈られ、胴上げされた。

 2軍外野守備走塁コーチに就任する福地は8回に中前打を放ち「胴上げがうれしかった。一人じゃここまでこられなかった」。同じく2軍打撃コーチに就任する宮出は8回に二飛に倒れたが「声援が凄くて…。泣くつもりはなかったんですが」と感激していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月8日のニュース