「最高の試合だ」 投打の主役称えるヤンキース監督

[ 2012年10月8日 15:15 ]

ア・リーグ地区シリーズ第1戦 ヤンキース7―2オリオールズ

(10月7日 ボルティモア)
 ヤンキースのジラルディ監督は会心の白星発進に「最高の試合だ」と笑顔を見せた。9回に打線が爆発したが「本当に良い抑え投手を打てたの幸運だった。(先発した)サバシアはチェンジアップが効果的で素晴らしい仕事をした。マーティンの(勝ち越しの)一打は本当に大きかった」と投打の主役を称えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月8日のニュース