イチローとプレーを…12年の実績捨て、夢貫いた川崎「僕の人生だから」

[ 2012年1月12日 09:36 ]

 憧れのイチローと一緒にプレーしたい。その夢にこだわり、マリナーズへの逆オファーという異例のFA宣言を行った川崎の米挑戦はマイナー契約という形になった。

 昨季の年俸は推定2億4千万円。ソフトバンクの“顔”として名実ともに揺るぎない立場を獲得していた。周囲にはソフトバンクに残留した方が得策だという声もあった。だが、かたくなに意志を貫いた。「誰でもない僕の人生だから」。あえて厳しい契約を受け入れた。

 大リーグでプレーするためには、まず前提となるメジャー契約を勝ち取らなければならない。マリナーズは二遊間のレギュラーが確定しており、キャンプ、オープン戦で厳しく結果を求められることになる。天然芝のグラウンドへの不安や肩の弱さを指摘する球界関係者もいる。

 親しい関係者は「無邪気なほどに野球が大好き。それしか考えていないと思う」と言う。12年間の実績を投げ捨て、川崎は第二の挑戦へ向かう。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月12日のニュース