福浦 定位置争い勝ち抜き「生涯打率3割」誓う

[ 2012年1月12日 06:00 ]

 ロッテの福浦がQVCマリンで自主トレを公開し「生涯打率3割」を誓った。

 昨季終了時点で打率・291で「ここ数年成績が下降している。少しでも多く安打を打ちたい」と意欲。飛ばないと言われる統一球対策として、昨季より10グラム重い900~910グラムのバットで今季は戦う。プロ19年目のベテランは一塁守備にもこだわる。ここ2年は金泰均(キムテギュン)が守ったため指名打者に回ったが「一塁を守りたい。しっかり準備する」。新加入のホワイトセルらとの定位置争いを勝ち抜く構えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月12日のニュース