DeNA参入承認にほっ!春田会長「本当に長かった」 

[ 2011年12月1日 20:37 ]

 プロ野球のオーナー会議が東京都内で1日開かれ、横浜を買収したディー・エヌ・エー(DeNA)の球界加盟を承認した。同社の春田真会長は記者会見で「本当に、長かった。球界発展のためにできることをやっていきたい」と何度も笑みを浮かべながら喜びを口にした。

 11月4日に日本野球機構(NPB)に加盟を申請後、楽天が反対の姿勢を示すなど道のりは平たんではなかった。1日も春田会長は臨時実行委員会とオーナー会議に呼ばれて質問を受けたが「全体としてはウエルカムと迎えられたと認識している」と話した。

 新監督候補を元西武の工藤公康氏に一本化し、ゼネラルマネジャー(GM)には前ヤクルト監督の高田繁氏から就任の内諾を得ている。春田会長は「来季最下位を脱出。3年以内にクライマックスシリーズに進出して、5年以内に優勝というチームにしてくれと申し上げる」と目標を掲げた。

 監督やGMについては、5日以降の正式発表を目指す。同会長は「球団を持つことの責任、重みが増している。仲間と球界を盛り上げていきたい」と意欲を見せた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年12月1日のニュース