ともに初受賞 MVPは浅尾と内川

[ 2011年12月1日 17:29 ]

セ・リーグのMVPを初受賞し、記者会見する中日の浅尾拓也投手

 プロ野球コンベンションが1日、東京都内で開かれ、今季最も活躍した選手を選出する最優秀選手(MVP)が発表され、セ・リーグは中日の浅尾拓也投手、パ・リーグはソフトバンクの内川聖一外野手がともに初受賞した。

 今季は中継ぎだけでなく抑えの役割も担い、リーグ2連覇に貢献した浅尾は79試合に登板して7勝2敗10セーブ、防御率0・41の成績を残した。先発登板がなかった投手のMVPは1998年の佐々木主浩投手(横浜)以来。

 横浜からフリーエージェント(FA)で移籍した内川は今季、打率3割3分8厘で史上2人目の両リーグ首位打者となるなど12本塁打、74打点を挙げて、リーグ2連覇の立役者となった。移籍1年目でパ・リーグのMVPに輝いたのは81年の江夏豊投手(日本ハム)以来5人目。

 MVPは日本シリーズ開幕前までのプロ野球担当記者らによる投票で決まる。浅尾はセの有効投票総数250票のうち170票の1位票を獲得。内川はパの有効投票総数214票中、120票の1位票を集めた。

 コンベンションではMVPに加えて、ベストナインやタイトルを獲得した選手たちが、招待客が見守る前で表彰された。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年12月1日のニュース