反応さまざま エール送る小久保、本多「残念だけど…」 

[ 2011年12月1日 21:32 ]

 ソフトバンクの球団幹部や選手は1日、川崎、和田の米大リーグ挑戦表明を受け、さまざまな反応を示した。

 笠井オーナー代行は「何とかホークスで頑張ってくれと言ってきたが、(2人とも)夢を実現させてくれと言ったので慰留を断念した」と言葉を選んだ。主将の小久保は「同じユニホームでできないのは寂しいが、より高いところで羽ばたくためにエールを送りたい」と激励し、川崎と二遊間を組んだ本多は「(コンビが)崩れるのは残念だけど、宗さん(川崎)に負けないぐらい頑張っていきたい」と話した。

 また、国内FA宣言した杉内に関し、笠井オーナー代行は「全く諦めていない。むしろこれから本人と話していく」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月1日のニュース