監督候補の工藤氏 最下位脱出へ「みんなが同じ方向を」

[ 2011年12月1日 06:00 ]

 横浜の来季新監督就任が決定的な工藤氏が、横浜市内で取材に応じチームが一丸となる必要性を説いた。

 4年連続最下位という現状に、「監督、コーチなんかより、トレーナーや、打撃投手、捕手、みんなが同じ方向を向いて戦わないとダメだよ」とチーム構築論に力を込めた。その上で「打者と投手も欠点を言い合わなきゃダメ。俺も(西武時代に)辻さんや石毛さんとよく話し合った」と熱弁は止まらなかった。また、監督に就任した場合、30年続けた現役を引退する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年12月1日のニュース