館山 右手血行障害の手術受け全治4、5カ月

[ 2011年11月12日 15:25 ]

 ヤクルトは12日、右手血行障害の館山昌平投手が11日に群馬県館林市の病院で手術を受けたと発表した。全治まで4、5カ月かかる見込み。

 館山は右手の異常を訴えて8月に戦列を離れたが、9月9日に復帰。26試合に投げて11勝5敗、防御率2・04だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月12日のニュース