ソフトB ラミレス氏のトライアウト実施も“不合格”

[ 2011年11月12日 06:00 ]

 米スポーツESPN(電子版)が10日、ソフトバンクが通算555本塁打のマニー・ラミレス氏(39)のトライアウトを行っていたと報じた。

 関係者によると数週間前にフロリダ州で行ったとして「結果は駄目だった」という。ラミレス氏はレイズに所属した今春キャンプ中に禁止薬物検査で陽性反応を示して引退を発表。その後「日本でもどこでもプレーしたい」と現役復帰の希望を漏らしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年11月12日のニュース