なぜ文部科学省で会見?→プロ野球所管しているから

[ 2011年11月12日 06:00 ]

弁護士の吉峰氏(左)を同席させ告発文を読み上げる巨人・清武球団代表兼GM

巨人・清武球団代表 渡辺球団会長批判

 巨人・清武代表とともに会見に臨んだ吉峯啓晴弁護士(吉峯総合法律事務所)は、文部科学省記者クラブで会見を開いた意図について説明。

 「文部科学省はプロ野球も所管している。各球団はきちんと内部統制、コンプライアンスを守ってプロ野球の発展に向けてやっていくということが前提。それが極めていいかげんな“渡辺商店”のような形になったのでは大変重大なこと。そういう意味では当然、文部科学省も無関心ではおれない問題。そういうことの本質を踏まえた」と説明した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年11月12日のニュース