巨人 清武代表 コーチ人事をめぐり渡辺会長を批判

[ 2011年11月11日 14:13 ]

記者会見で涙ぐむ巨人の清武英利球団代表

 巨人の清武英利球団代表は11日、文部科学省記者クラブで会見し、来季のコーチ人事について、渡辺恒雄会長が介入、対立していることを明らかにした。

 清武代表は「プロ野球界におけるオーナーやGM制度をないがしろにする」として批判した。清武代表は「自ら辞めるつもりはない」と強調した。

 巨人は同日午前、「読売巨人軍のコンプライアンス上の重大な件」について会見するとし、詳細は説明していなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年11月11日のニュース