オリックス 藤岡降りた 1位は高橋 ヤクルトなどと競合覚悟

[ 2011年10月26日 06:00 ]

オリックスが1位で獲得を狙う東海大甲府・高橋

 オリックスは東海大甲府・高橋周平内野手を1位指名する方針を固めた。即戦力左腕の東洋大・藤岡の指名も検討したが、この日までに「高橋1位」で一本化した。

【高橋周平とは】

 26日に都内で岡田監督を交えた編成会議を開き、指揮官の意向も踏まえた上で最終決定する。高橋は1メートル85の恵まれた体格を誇る、高校通算71本塁打のスラッガー。甲子園出場経験こそないものの、8月のアジアAAA野球選手権では3番に座り、決勝の韓国戦で2ランを放ってMVPを獲得した。遠投100メートルの強肩で遊撃の守備にも問題はない。昨年のドラフト1位・駿太に続く高卒野手補強で、チーム力底上げを狙う。

 高橋をめぐってはヤクルトが1位指名を明言。当初1位指名を考えていた中日は藤岡の指名も考えられる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月26日のニュース