ダル圧巻!「適当に」横手投げで自己最速タイ156キロ

[ 2011年8月20日 06:00 ]

<日・オ>ダルビッシュは9回にサイドスローで156キロ

パ・リーグ 日本ハム3-2オリックス

(8月19日 札幌D)
 日本ハム・ダルビッシュが圧倒的なポテンシャルと身体能力で、チームのサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

 2―2の9回1死二塁。李スンヨプ相手に極端な前進守備の中、1ストライクから投じた2球目。サイドから155キロ直球でファウルさせると、この日2度目の国内自己最速タイ156キロを、横手投げでマークだ。この日の119球目をカットするのが精いっぱいの長距離砲を、最後はスライダーで空振り三振に斬った。続く日高も横手から150キロ台の速球で追い込むと、スライダーで空振り三振。2度も派手なガッツポーズをつくった。

 スタンドでフィリーズ、ナショナルズのスカウトが見守る前での粘投。延長10回を武田久が抑えると、その裏に1死満塁からスケールズの押し出し四球でサヨナラ勝ち。絶対エースが耐えたからこそ、劇勝が生まれた。

 試合後、ダルビッシュは普段の冷静さを取り戻していた。「チームが勝ったので良かった。自分のコンディションが良くない中、9回を投げられたことも良かった」。終盤の横手投げについては「切れがなかった。156キロとか速さは関係ありません。自分の感覚で適当に(投げた)」。4回までは相手先発に6人並んだ左打者の内角にカットボールを投げ込み、隙を与えなかった。しかし5回に1失点。8回1死三塁では、それまで3打席連続三振に牛耳っていた大引にツーシームを左前へ運ばれた。その残像が消えなかったからこそ、満足できなかった。

 それでも首脳陣の信頼は不動だ。「ダルはここという時は力でねじ伏せた。それがエースの仕事」と梨田監督。前進守備については「勇気はいるけどベンチの信頼の証」と強調した。首位・ソフトバンクとのゲーム差は変わらないが、エースは25歳最初のマウンドで、あらためて底力を誇示した。

 ▼日本ハム・鶴岡 坂口の内野安打(5回の適時打)は思った通りに打ち取った当たりだった。安打1本でも打たれるとあいつ(ダルビッシュ)的に凄く悔しいのでしょう。

 ▼日本ハム・芝草投手コーチ 終盤腕を下ろして投げて155キロや156キロ。何でもできる投手なので、多少調子が悪くても心配していない。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年8月20日のニュース