久保 連続試合無失点止まるも球団通算1000S

[ 2011年8月20日 06:00 ]

<巨・ヤ>セーブを挙げ実松(左)とハイタッチの久保

セ・リーグ 巨人3-2ヤクルト

(8月19日 東京D)
 巨人・久保が1点差に迫られてなお2死二塁の8回から3番手で登板。

 9回2死二塁から相川の左前適時打で失点して、球団記録を更新していた連続試合無失点は20試合で止まり「僕がここまでやれたことが奇跡。いつか止まるし逆にスッキリした。これから気楽に頑張ります」と苦笑い。自身今季10セーブ目は、中日に次いで2球団目のチーム通算1000セーブの節目の記録となった。

 ≪2チーム目通算1000セーブ≫巨人は久保が8回2死からリードを守り切り、今季チーム27個目のセーブ。74年にセーブが制定されて以降、球団通算1000セーブを達成した。現在1169セーブの中日に次いで2チーム目。個人最多は角三男とクルーンの93セーブ。また久保は9回に失点し、球団記録となっていた連続試合無失点は20でストップした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年8月20日のニュース