40歳トーミ、史上8人目の600号本塁打達成!!

[ 2011年8月17日 06:00 ]

タイガース戦で通算600本塁打を達成し、チームメートに祝福されるツインズのトーミ(中央)

ア・リーグ ツインズ9-6タイガース

(8月15日 デトロイト)
 ツインズのジム・トーミ内野手(40)が15日(日本時間16日)のタイガース戦で2本塁打を放ち、史上8人目の通算600号本塁打を達成した。3―3の6回に左中間へ勝ち越し10号2ラン。7回の左越え11号3ランで大台に到達した。

 「ずっと夢見てきた。実際に起きてみると、素晴らしすぎて信じられない」。両軍選手と、敵地の観衆も総立ちで祝福。40歳353日での到達は史上最年長だが、8137打数はベーブ・ルースの6921打数に次ぐ2番目の少なさだ。「チームの勝利」だけを求めてメジャーで21年。「母が今も見守ってくれている」。05年に死去したジョイスさんを思いながらダイヤモンドを回った。将来の殿堂入りは確実だが「自分で決めることじゃない。まだ終わりではないよ」と、次の1本へ意欲を燃やしていた。

 ▼ケン・グリフィー氏(ホワイトソックス時代の同僚で通算630本塁打)600本塁打クラブに、新しいメンバーを迎えることができて光栄。野球選手として優れているだけではなく、人間的に素晴らしい人物を迎えられるのは栄誉あることだ。心から祝福したい。

 ◆ジム・トーミ 1970年8月27日、イリノイ州生まれの40歳。89年ドラフト13巡目でインディアンス入団。91年にメジャーデビュー。フィリーズに移籍した03年に47本塁打で本塁打王。以降はホワイトソックス、ドジャース、ツインズでプレーした。球宴は5度出場。今季年俸は300万ドル(約2億3100万円)。1メートル91、113キロ、右投げ左打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年8月17日のニュース