延長の如水館だ!史上初3戦連続延長制し8強決めた!

[ 2011年8月17日 06:00 ]

<如水館・能代商>延長12回、サヨナラ打を放った木村はベース上でガッツポーズ

第93回全国高校野球選手権3回戦 如水館3-2能代商

(8月16日 甲子園)
 如水館にとって、三度目の正直だった。回、延長10回といずれもサヨナラの好機を、能代商の好中継で阻止されていた。勝ち越された直後の12回は同点に追いつくと最後は木村がサヨナラ左前打。史上初の3試合連続延長戦を制して、同校初の8強入りを決めた。

 9広島商で選手、監督として日本一に輝いているベテラン・迫田穆成(よしあき)監督はぐったりした表情で「今も勝ったかどうか分からないくらい。ミスもあったが、選手たちは私が想像している以上のことをやってくれた」とナインを称えた。

 3試合連続のロングリリーフで10イニングを1失点に抑えた左腕エースの浜田は「同点になった時は涙が出た。勝てて本当にうれしい」とお立ち台でサヨナラ勝ちの余韻に浸っていた。

 ≪3戦連続延長戦は春夏通じて初≫如水館-能代商の3回戦で今大会8試合目の延長戦。81年以来、史上4度目の大会最多タイ記録に並んだ。また、如水館は3試合連続の延長戦。同一チームが同一大会で3試合連続延長戦となるのは春夏通じて史上初の珍事。1大会で3試合の延長戦を戦うのも夏の大会は初。センバツでは80年の帝京、03年の花咲徳栄が1大会3試合の延長戦を戦っている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年8月17日のニュース