広島 ドラ1位左腕 4年ぶり実戦復帰

[ 2011年5月28日 06:00 ]

ウエスタン・リーグ 広島7―8ソフトバンク

(5月27日 マツダ)
 広島は08年5月に左肩関節唇および腱板部の修復手術を受け、長いリハビリ生活を送っていた99年のドラフト1位・河内が、ウエスタン・リーグのソフトバンク戦(マツダ)で4年ぶりの実戦復帰を果たした。

 6回から登板し、打者1人を右飛。4球全て直球を投じ、最速137キロを記録した。04年には球宴にも出場したが、昨年からは育成契約選手。復活へ歩みだした左腕は「マツダスタジアムの1軍の試合に投げることが目標」と意気込んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年5月28日のニュース