×

短距離の女王・福島千里が現役引退を表明 陸上女子100&200メートル日本記録保持者

[ 2022年1月29日 11:00 ]

福島千里
Photo By スポニチ

 陸上女子100メートルと200メートルの日本記録保持者で、2008年北京五輪、12年ロンドン五輪、16年リオデジャネイロ五輪に3大会連続で出場した福島千里(33=セイコーホールディングス)が29日、都内で会見を開き、現役引退を表明した。新たに「セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)」に就任し、子供たちにスポーツの楽しさや感動を伝えるなどの活動を行うことも発表された。

 福島は女子100メートルだけにエントリーした昨年6月の日本選手権(大阪)で予選敗退に終わり、東京五輪出場を逃した。同年9月の全日本実業団対抗選手権(同)は100メートルB決勝2位で、「今後についてはゆっくり考える」と話していた。

 北海道幕別町出身で小4から陸上を始め、帯広南商から07年に加入した北海道ハイテクACで実力を伸ばした。19歳だった08年4月に行われた織田記念(広島)の女子100メートルで11秒36の日本タイ記録をマーク。6月の日本選手権で初優勝して8月の北京五輪代表にも選ばれ、日本人女子として56年ぶりに100メートルに出場した。

 その後は日本選手権100メートルで10年から7連覇、200メートルでは11年から6連覇を達成するなど短距離の女王として君臨。10年のアジア大会(広州)では2冠に輝き、11年の世界選手権(韓国)では100、200メートルの2種目で日本女子初の準決勝進出を果たした。12年ロンドン五輪にも2種目で出場したがともに予選敗退。16年リオデジャネイロ五輪はケガで200メートルの出場のみだった(予選敗退)。

 100メートルは09年6月の布勢スプリント(鳥取)で11秒28、11秒24と立て続けに日本新記録を樹立。10年4月の織田記念で出した11秒21は現在も日本記録として残る。200メートルも09年5月に23秒14、6月に23秒00と日本記録を連発。10年5月に日本女子初の22秒台となる22秒89をマークし、16年6月に出した22秒88も日本記録のまま。しかし、リオデジャネイロ五輪後はアキレス腱痛などに悩まされ、記録が伸び悩んだ。17年に北海道ハイテクACを退団。18年にセイコーホールディングスに入社し、21年4月からは順大大学院スポーツ健康学科で医科学などを学んでいた。

 ▼福島千里 この度、現役を引退することを決めました。これまで支えてくださった、指導者の方、トレーナーさん、家族、友人、チームメイト、会社の方々、スポンサーさん、ライバルのみんな、そして応援してくださったすべての方々に感謝申し上げます。

 小学4年生から陸上競技を始め、昨年で23年の時が経ちました。夢であった五輪に3度出場することができました。4度目となる東京五輪を目指す数年間は苦しいシーズンもありましたが、日々、新しい感覚との出会いや、課題と向き合い、充実した競技生活を送ることができました。

 今後も陸上競技を通して様々な活動を行っていきたいと思います。走るということはたくさんのスポーツに関わることなので、競技の枠を越え、私自身が今まで培ってきた経験などで次世代のアスリートのお役にたてるとうれしいです。

 競技生活は終わりますが、これから始まるセカンドキャリアも私らしく走っていきたいと思います。お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月29日のニュース