×

御嶽海に聞く「伝統ある出羽海部屋だから今の自分がある」、口上は「シンプルにいこうかな」

[ 2022年1月25日 05:30 ]

一夜明け会見で笑顔を見せる御嶽海(日本相撲協会提供)
Photo By 提供写真

 大相撲初場所で3度目の優勝を果たし、念願の大関昇進を確実にした関脇・御嶽海(29=出羽海部屋)が千秋楽から一夜明けた24日、東京都墨田区の所属部屋からリモート取材に応じた。改めて喜びをかみしめると同時に、強くて親しみやすい「フランク大関」を目指す決意を示した。26日の春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)番付編成会議と臨時理事会で昇進が正式に決まる。

 【御嶽海に聞く】
 ――優勝を意識したのはいつごろからか。
 「14日目に勝った時に、ちょっと優勝が見えてきたなというのはあった。相撲の内容も凄く良く、この内容だったら明日(千秋楽)も取れると思っていた」

 ――そんなに直前か。
 「優勝というよりかは、大関(昇進へ)の足固めという方が自分自身で大きかった」

 ――三役での足踏みが続いた。
 「正直、長かったと思う。いろんな関取衆に抜かれて悔しい思いもしてきたので、ここで上がれたのは本当にうれしい」

 ――名門、出羽海部屋としても久しぶりの大関誕生。
 「伝統ある部屋に入れて良かった。出羽海部屋だから大関になれた、今の自分があると思っている」

 ――さらに上の番付がある。
 「まだ上(横綱)があるので、狙わないといけない。(ファンの方々には)もう少し待ってもらいたい」

 ――昇進伝達式の口上のイメージは?
 「シンプルにいこうかなと。いろいろ見ていると、かみそうになったり(声が)裏返っている人もいたり。難しいことは言わないと思います」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月25日のニュース