ITF中止せず 中国で大会開催へ、彭帥問題でWTAと温度差

[ 2021年12月7日 05:30 ]

中国の女子プロテニス選手、彭帥
Photo By 共同

 女子テニスの彭帥(中国)の問題を巡り、女子ツアーを統括するWTAが中国での大会開催を中止したが、国際テニス連盟(ITF)は5日、大会を中止しない方針を示した。

 ITFのハガティ会長は英BBCの取材に応じ「問題の解決に向けて働きかける」とした上で、「10億人を罰したくはない。当面は中国でのジュニア、シニア大会を開催する」と明言した。男子ツアーを統括するATPも大会の中止を否定している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月7日のニュース