×

ウィザーズは今季初の3連敗 ビール34得点も敵地でペイサーズに敗れる 

[ 2021年12月7日 11:28 ]

ペイサーズのターナーをかわしてシュートに持ち込むウィザーズのビール(AP)
Photo By AP

 NBAのウィザーズは6日、敵地インディアナポリス(インディアナ州)でペイサーズに110―116(前半47―58)で敗れて14勝11敗。ブラドリー・ビール(28)が34得点を挙げたものの、勝機を見い出せないままに今季初の3連敗を喫した。

 ビールの30得点以上は10試合ぶりで今季4回目(最多は36得点)。先発ポイントガードのスペンサー・ディンウィディー(28)は休養で欠場した。ペイサーズにはワシントンDCで行われた今季2戦目で延長の末に1点差で勝っていたがロードでは黒星。最大17点差を大詰めで6点差まで縮めたが、リードしたのは第1Qの計53秒間だけだった。

 ウィザーズはロードで6勝8敗。3点シュートの成功率は46・7%だが、成功本数は今季2番目に少ない7本だった。この試合はロード3連戦の2試合目。7日にはデトロイト(ミシガン州)でピストンズと顔を合わせることになっている。

 ペイサーズは連敗を4でくい止めて10勝16敗。上位チームへのトレードの噂が出てきているドマンタス・サボニス(25)が30得点と10リバウンドをマークすれば、キャリス・ルバート(27)も19得点を稼ぎ、ドラフト1巡目(全体13番目)に指名されたクリス・デュアルテ(24)も13得点と4スティールを記録して勝利に貢献した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月7日のニュース