設楽悠太、復活誓う プーマ“デビュー戦”「数字にもこだわる」 5日福岡国際マラソン

[ 2021年12月3日 14:52 ]

設楽悠太
Photo By スポニチ

 24年パリ五輪代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」選考会を兼ねた福岡国際マラソン(5日、平和台陸上競技場発着)に出場する有力選手が3日、福岡市内のホテルで記者会見し、元日本記録保持者の設楽悠太(29=ホンダ)が「優勝争いできるようなレースをしたい」と復活を誓った。

 20年3月の東京マラソン(16位)以来のフルマラソンに向けて準備は万端だ。レース数こそ少ないものの、チームメートとともに練習を消化。「これまでのマラソントレーニングと変えたところはない。悪くはないと思う」と感触を口にした。

 新たな武器をひっさげて福岡を疾走する。ナイキの厚底シューズがトレードマークだったが福岡国際に向けて12月から新たにプーマと契約した。「福岡国際が(プーマ)デビュー戦になる。ナイキを履いていた以上の記録を出さなきゃと思っている。しっかりと数字にもこだわって走りたい」と意気込みを語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月3日のニュース