カウボーイズが3試合ぶりに白星 守備陣が奮起 セインツは16季ぶりの5連敗

[ 2021年12月3日 13:49 ]

カウボーイズを引っ張ったQBプレスコット(AP)
Photo By AP

 NFLは2日、ルイジアナ州ニューオーリンズで第13週の1試合を行い、NFC東地区首位のカウボーイズが27―17(前半13―7)で地元のセインツ(NFC南地区)を下して8勝4敗。3試合ぶりに白星を挙げた。

 QBダク・プレスコット(28)はパスで238ヤードと1TDをマーク。守備陣は今季初めて先発したセインツのQBテイサム・ヒル(31)のパスを4度にわたってインターセプトして試合の流れを変えた。

 セインツは16季ぶりの4連敗で5勝7敗。前週まで先発していたトレバー・シミアン(29)に代わって、RBやWRまでこなすヒルがQBとして先発し、パスで264ヤード(2TD)、ランで101ヤードを稼いだものの、後半の要所でインターセプトを喫して勝機を見い出せなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月3日のニュース