高梨沙羅が渡欧 テーマは「対応力」 W杯参戦へ「いろんなジャンプ台を飛んで調整したい」

[ 2021年11月6日 05:30 ]

欧州へ出発前にオンラインで取材に応じるジャンプ女子の高梨沙羅(博報堂DYスポーツマーケティング提供)
Photo By 共同

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)が、今月末のW杯開幕戦へ向けて羽田空港から欧州へ出発し、「いよいよシーズンが始まる。4年間かけて成長してきた自分を見せられるパフォーマンスをしたい」と意気込みを語った。

 今季は初戦のニジニタギル(ロシア、25~27日)から来年1月の札幌、蔵王での2戦を除けば、同2月の北京五輪まで海外を転戦する予定。五輪のジャンプ台については情報量が少ないだけに、「いろんなジャンプ台を飛んで調整したい。対応力を付けるのが大事」とどんと構えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月6日のニュース