稲森 3差7位浮上で連覇圏内、“アマの星”中島啓と同組に「なかなかないペアリング。楽しめた」

[ 2021年10月16日 05:30 ]

男子ゴルフツアー 日本オープン第2日 ( 2021年10月15日    滋賀県 琵琶湖CC琵琶湖・三上C=6986ヤード、パー71 )

昨年の日本オープン覇者の稲森
Photo By スポニチ

 36位から出た稲森佑貴が8バーディー、2ボギーの65で回り、首位と3打差の7位に浮上。好転したパットを武器に大会史上6人目の連覇へ“圏内”に突入してきた。「(パットが)やっと読み通りに入ってくれるように。なかなか、ないペアリング。僕は楽しめましたよ」。予選は3週前のパナソニック・オープンでツアー史上5人目のアマチュア優勝を飾った中島啓と同組。その中島に8打差つけ、プロの実力を見せつけた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年10月16日のニュース