コベルコ神戸が神戸市と提携 「ラグビーで神戸の町を盛り上げたい」

[ 2021年9月28日 17:41 ]

ラグビー・コベルコ神戸と神戸市の事業連携協定集結式に出席したSH日和佐篤(左)、FB山中亮平(右)、久元喜造市長(右から2人目)、神戸製鋼所・岡野康司執行役員
Photo By スポニチ

 ラグビー新リーグ「リーグワン」1部のコベルコ神戸が28日、神戸市と事業連携協定を結び、神戸市内で締結式をした。両者はこれまでも小学校のタグラグビー教室、地域活性化事業などで協力してきた。今後も、市政のPR、ラグビー・アカデミーの推進など、様々な分野での結びつきを強めていく。

 W杯2大会出場のSH日和佐篤は「ラグビーを通じて神戸の魅力を発信したい。より地域に根付いた活動をして、興味を持ってもらえるようにしたい」と語り、タグラグビー教室などの草の根活動を続ける考えを示した。日本代表のFB山中亮平は「ラグビーで神戸の町を盛り上げたい。日本だけでなく世界へ魅力を発信したい」と抱負。新リーグは、上位チームが海外チームと対戦する構想があるだけに、「リーグワン」での勝利が、世界に「神戸」の名前を広めることになる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月28日のニュース