マスターズ覇者の松山 五輪金のシャウフェレが日本で再戦! 10月のZOZチャンピオンシップに出場表明

[ 2021年9月28日 11:26 ]

松山(AP)
Photo By AP

 日本で開催される唯一の米ツアー競技、ZOZOチャンピオンシップ(10月21~24日、千葉・アコーディアゴルフ習志野CC)の大会事務局は28日、マスターズチャンピオンの松山英樹と東京五輪金メダルのザンダー・シャウフェレの出場が正式に決まったと発表した。

 この他に7月の全英オープンでメジャー2冠に輝いた日系のコリン・モリカワやリッキー・ファウラー、トミー・フリートウッドの参戦も決まった。

 ZOZOチャンピオンシップは19年に初開催され、タイガー・ウッズが伝説のサム・スニードに並ぶ史上最多の82勝目を挙げ大きな話題となった。タイガーの連覇が懸かった昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大で日本での開催が回避され、今回が2年ぶりの日本開催となる。

 賞金総額は995万ドルで、日本ツアーの選手を含む78人が出場。予選カットはない。金メダリストのシャウフェレや惜しくもメダルを逃したモリカワ、松山ら注目選手の日本でのリベンジ戦にファンの期待も高まりそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月28日のニュース