女子レスリング・リオ金メダリストの土性沙羅が結婚 大学の同級生と「支え合い成長していきたい」

[ 2021年9月28日 17:31 ]

土性沙羅
Photo By スポニチ

 2016年リオデジャネイロ五輪女子レスリング金メダリストの土性沙羅(26=東新住建)が28日、自身のツイッターを更新し、結婚を発表した。

 「ご報告です」と挨拶文をつづった画像を投稿。「いつも応援してくださっている皆様へ この度、私、土性沙羅はかねてよりお付き合いしていた大学時代の同級生と結婚致しましたことをご報告させて頂きます。お互いを知っていく中で、これからも彼と共に力を合わせて人生を歩んでいきたいと思うようになりました。まだまだ未熟な私たちではございますが、これから2人で支え合い成長していきたいと思っております。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します」と記した。

 土性はリオ五輪で五輪初出場ながら女子69キロ級で金メダルを獲得。18年3月に左肩手術や左ひざを負傷し、不安を抱えながらも今夏東京五輪に2大会連続で出場した。東京大会は3位決定戦でフォール負けを喫し、2大会連続のメダルを逃していた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月28日のニュース