車いすの部ダブルス、国枝&フェルナンデス組、上地&ホワイリー組は準V

[ 2021年9月13日 05:30 ]

テニス 全米オープン第13日 ( 2021年9月11日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

全米オープン車いすの部男子ダブルスで準優勝の国枝(左)、フェルナンデス組
Photo By 共同

 車いすの部は女子ダブルス決勝で昨年優勝の上地結衣(三井住友銀行)ジョーダン・ホワイリー(英国)組はディーデ・デフロート、アニク・ファンクート組(オランダ)に1―6、2―6で敗れて準優勝だった。

 男子ダブルス決勝で国枝慎吾(ユニクロ)グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)組はアルフィー・ヒューエット、ゴードン・リード組(英国)に2―6、1―6で屈した。上下肢障がいシングルス準決勝で菅野浩二(リクルート)は敗れた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月13日のニュース