組織委・橋本会長 30年冬季五輪札幌開催へ意欲「何とか実現できれば」

[ 2021年9月6日 05:30 ]

閉会式であいさつする大会組織委の橋本聖子会長。左はIPCのパーソンズ会長=5日夜、国立競技場
Photo By 共同

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は5日の記者会見で、札幌市が開催を目指す30年冬季五輪について「私としては何とか実現できればと思っている」と強い意欲を示した。

 夏季五輪の招致についても「状況が許せば、近い将来、またこの日本で大会を開催できたらいいなと思っている」との希望を語った。橋本氏は北海道出身。スピードスケートと自転車で夏冬計7度の五輪出場の経験がある。日本オリンピック委員会(JOC)は昨年1月、30年冬季五輪招致に関し、札幌市を国内候補地に正式決定した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月6日のニュース