IOCバッハ会長が来日 24日のパラ開幕式出席 隔離措置なしで活動へ

[ 2021年8月24日 05:30 ]

IOCのバッハ会長(AP)
Photo By AP

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が23日に来日した。関係者が同日、明らかにした。IPCの招待で24日のパラ開会式に出席する。

 通常、五輪やパラの大会関係者には、新型コロナウイルス感染防止策として、入国後3日間の隔離措置が求められるが、バッハ氏は隔離なしで活動する見通し。関係者は「3日間で日本を出国し、一定の防疫規則を守ってもらう」と説明している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月24日のニュース