小林賢太郎氏解任 橋本聖子会長、辞任しない考え「やり通さなければいけない」

[ 2021年7月22日 12:55 ]

東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、都内で記者会見を開き、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を扱った喜劇を演じていたとしてSNSなどで批判されていた開閉会式の制作・演出チームで「ショーディレクター」を務める元お笑い芸人の小林賢太郎氏を解任したことを明らかにした。

 開会式関係者の度重なるスキャンダル発覚について責任を問われた橋本聖子会長は「明日の開会式を迎え、パラリンピックを終わるまではご迷惑をお掛けしないためにも、ここは私としてはやり通さなければいけないと考えている」と辞任しない考えを示した。

 また、橋本会長は「開会式を見たくないという方がたくさんいることは承知している」とした上で「この大会を開催することへのご理解はいただいてきたと思っている。大会のやり方がこれから問われている。できる限り多くの方に賛同いただける対策、対応、今後の組織委としての振る舞い、全て含めて責任者として取り組んでいきたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月22日のニュース